網入りガラスではだめ!?強化ガラスに交換するメリット

ガラス交換で人気のある防犯ガラスの基本

防犯性を高めるのであれば「防犯ガラス」

しっかりと防犯対策をしたいのなら「防犯ガラス」を選んで取り付けましょう。そこで防犯ガラスについて解説します。

防犯ガラスってどんなガラス?

防犯ガラスと呼ばれるガラスは、ガラスとガラスの間に特殊中間膜(防犯膜)を挟んでつくられたもので、たとえガラスが割れたとしても脱落することなく、強力な防犯膜があるため穴をあけることが難しくなっています。貫通させにくいことは侵入に時間がかかり、これは空き巣が嫌がるポイントになるため、防犯対策になります。

防犯ガラスのメリット

犯罪抑止効果
交換した防犯ガラスには、それが防犯ガラスであることを知らせるステッカーが貼られています。そのため、常に外部へ向けてこのガラスは防犯ガラスであり、侵入が難しいことをアピールするので、ガラス交換することには防犯抑止効果もあります。
ガラス破損までの時間かせぎ
ガラスが割られたとしても、そこから手を入れて錠を回すまでの穴をあけることは時間がかかります。侵入に時間が必要になることを空き巣は嫌がるので、メリットの1つといえるのです。住環境や窓のある場所などによってグレードを考えましょう。
安全性
防犯ガラスは空き巣を防ぐ以外にも、地震などの災害が起きた時の安全性にも役立ちます。一般的なガラスでは割れると落ちてしまいますが、防犯ガラスは割れても特殊中間膜にくっつけられているので脱落することがなく安心です。

防犯フィルムでも代用が可能

窓ガラスの防犯対策として、防犯フィルムを使う方法もあります。防犯専用のフィルムを窓ガラスに貼り付けるだけなので、わざわざガラス交換をしなくても対策ができると思いがちです。しかし、それなりに防犯性の高い防犯フィルムは高額であり、素人が貼り付ける作業を行なうことは難しいでしょう。実際に自分ではできたと思っていても正確に施工できていなかったり、フィルム自体の防犯性が低かったりということは多いのです。どうしても防犯フィルムを使いたい時は、プロに依頼して施工してもらったほうが安心です。

TOPボタン